子宮筋腫の大きさと手術

MENU

子宮筋腫の大きさと手術

子宮筋腫,大きさ,手術

子宮筋腫とは良性腫瘍なので、できてしまったからといって必ずしも手術をするわけではありません。しかし、ある程度の大きさになってしまえば、手術をすすめられることになるでしょう。

 

一般的には、子宮筋腫が10センチ以上になったら手術をすると言われています。ただこの大きさには2種類あり、筋腫核の大きさを指す場合と子宮の大きさを指す場合があります。

 

子宮筋腫が大きくなるとその分だけ子宮も大きくなってしまうので、筋腫が成長すれば子宮が10センチ以上になることがあるのです。ちなみに、本来子宮は長さ7センチ前後、厚さ3〜4センチほどです。

 

これまでは、子宮筋腫の大きさというのは子宮の大きさのことを指していたのですが、超音波やCT・MRI検査などが発達したおかげで、筋腫核の大きさが正確にわかるようになったのです。そのため、医師によって子宮筋腫の大きさをどちらで考えているのか異なる場合があるので、手術をすすめられた場合は確認してみるといいでしょう。

 

ちなみに、子宮がこぶし大ほど、長さが10センチ以上になると手術をすすめられるようです。筋腫核の場合は、5センチ以上になってくると手術をする場合が多いです。

 

ただし、子宮筋腫の数や患者の症状、現在抱えている障害、年齢や健康状態を考えた上で、本当に手術をするかどうか考えることになります。更年期に入った女性の場合、ホルモンが減少するので子宮筋腫が成長しなくなるため、手術をすることはほぼないでしょう。ただ、症状によっては手術をする場合もあります。


子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症・生理痛を

自宅で改善する方法をご存じですか?


>>マニュアルの詳細こちら<<

子宮筋腫,大きさ,手術