子宮筋腫を手術しないで自宅でを治す方法

MENU

手術をしないで子宮筋腫を治す方法

子宮筋腫,手術しない

子宮筋腫ができてしまうと、手術をするしかないと思って不安になりますよね。しかし何の症状も見られなければ、病院で発見されたとしてもしばらくは経過を見ることになります。

 

そもそも子宮筋腫は良性腫瘍で、女性ホルモンの分泌と関係していることから、閉経間近の女性なら特に何もしなくていいと言われています。

 

ただ若い女性の場合、不妊の原因にもなってしまいます。そんな不安の種である子宮筋腫ですが、実は手術しないで小さくすることも可能なのです。

 

子宮筋腫ができてしまったということは、生活習慣に何か問題があったということです。ということは、生活習慣を正すことでホルモンバランスが整うので、5センチ以内の筋腫なら小さくなる可能性があるのです。

 

ストレスを溜めないことはもちろん、甘い物の食べ過ぎなどがないか食生活を見直すことも重要です。睡眠時間をしっかりと確保することも心がけましょう。

 

他にも、ツボ押し治療を行うことで、手術しないで子宮筋腫を改善できると言われています。ツボは東洋医学の考え方で、西洋医学ではまだ解明されていませんが、WHOはその治療効果を認めているのです。

 

子宮筋腫に良いと言われているツボは、くるぶしの少し上、ひざの内側、ひざ頭の少し上、臍の上下、手のひら、お尻など多々存在しています。ただ、ツボの位置は東洋医学を学んでいる人の間でも場所が違ったり、人の体によって位置がずれることもあるので、自分で試すより、まずは専門家の意見を仰いだ方がいいでしょう。

 

また子宮筋腫を自宅で治すためのマニュアルも販売されています。病院に通うより金銭的負担はずっと軽いものですので実践してみるとよいかもしれませんね。手術しないで子宮筋腫を改善することは不可能ではありません。


子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症・生理痛を

自宅で改善する方法をご存じですか?


>>マニュアルの詳細こちら<<

子宮筋腫,手術しない