子宮内膜症の治療法と副作用

MENU

子宮内膜症の治療法と副作用〜ピル服用の場合

子宮内膜症,治療法,副作用,ピル

子宮内膜症の治療の方法に、避妊薬であるいわゆるピルを服用する、という方法があります。症状が重い場合は手術で根本治療を行いますが、軽い症状の場合は薬物療法を行うのです。子宮内膜症の治療でピルを用いる場合、生理痛などの症状を抑えることが主な目的となります。

 

また、ピルを服用することで子宮外での子宮内膜の形成や増殖を抑えることができます。ピルの服用でエストロゲンなどの女性ホルモンが増加するので、脳がエストロゲンの分泌を減らすので排卵が止まり、症状の進行が治まるのです。

 

しかし、ピルを服用すると副作用が現れるのではないか、と心配になりますよね。子宮内膜症の治療で用いられるピルは低用量の物です。ピルにはこの他に高用量、中用量があり、低用量は副作用が現れにくいという特徴を持っています。

 

一見安心な低用量ピルですが、不正出血や吐き気、乳房の張りといった副作用が現れることがあります。これらの副作用には個人差がありますが、服用中に違和感を覚えた場合は医師に相談した方がいいです。服用量や薬の種類を見直してもらいましょう。

 

しかし、子宮内膜症の薬物利用において、ピルは他の薬よりも低価格ですし、副作用も少ないので用いられる可能性が高いです。

 

ちなみに、ピルを服用中は排卵が起こらないので、妊娠を望んでいる女性は利用できません。妊娠を望んでいる最中に子宮内膜症を患った場合は、医師に妊娠を望んでいることを告げた上で治療に臨むようにしましょう。


子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症・生理痛を

自宅で改善する方法をご存じですか?


>>マニュアルの詳細こちら<<

子宮内膜症,治療法,副作用,ピル