病院 婦人科治療 リスク

MENU

婦人科治療の前にリスクを知っておく

 

病院,婦人科,治療,リスク

病院で婦人科治療を行う場合、低用量ピルを処方されることがあります。一般的にピルは避妊薬というイメージが強いですから、戸惑う人もいると思います。しかし、ピルには女性ホルモン剤が含まれているために婦人科治療に用いられるのです。

 

しかし、低用量ピルには副作用があります。血栓症になってしまう恐れがあるのです。

 

血栓症とは、血液が固まって血液の循環が悪くなる障害を引き起こす病気の総称です。心筋梗塞や脳梗塞、肺塞栓といった病気のことですね。ちなみに、エコノミー症候群も血栓症のひとつなんだとか。

 

血栓は動脈と静脈のどちらでも起こる可能性がありますし、発生した部位によっては生命にかかわることもあります。自覚症状がないことも多く、倒れて病院に運ばれてから初めて自分が病気にかかっていたことを知るなんてこともあるかもしれません。

 

しかし、婦人科治療で低用量ピルを飲んだからといって、すぐに血栓症になってしまうわけではありません。元々血液がドロドロしている人や先天的・遺伝的理由から体質的に血栓症になりやすい人などは、低用量ピルの服用でリスクが高まるのです。

 

ちなみに、ピルの服用期間が長ければ発症するというわけではないようです。短くても血栓症を発症する人はいます。

 

ヘビースモーカーの人や何らかの理由で寝たきりの生活を余儀なくされる人、糖尿病や高血圧といった持病を持っている人などは、血栓症にかかりやすいと言われています。

 

このような理由から、病院での婦人科治療にはリスクがあると覚えておいた方がいいでしょう。


 

子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症・生理痛を

自宅で改善する方法をご存じですか?


>>マニュアルの詳細こちら<<

病院,婦人科,治療,リスク